浴室暖房とは

不動産をまわる

寒い季節の浴室は危険

近年マスメディアなどにおいて耳にする機会の多い言葉に、ヒートショックというものがあります。ヒートショックとは温度の急激な変化が身体に悪い影響を及ぼすことを指す言葉です。たとえばあたたかい所から寒い場所に急に移動したりすると、血圧が急変して心臓にショックを与えたりすることをいいます。 この言葉が注目を集めるに至った背景には、家庭内、特に浴室においてヒートショックによる事故の発生が問題になっているという現状があります。日本の従来の家屋には浴室に暖房設備がないため、冬場などは脱衣所との温度差が激しくなります。それゆえ、高齢者などの身体の弱い人のいる家庭では特にヒートショックに注意する必要があるのです。

浴室暖房で安全・快適な暮らしを

こうした現状を踏まえて、最近ヒートショック対策として推奨されているのが浴室暖房の設置です。欧米の住宅ではセントラルヒーティングが普及しているので家全体をあたためることができますが、日本は個別暖房が標準なので新たな暖房設備の設置が必要なのです。 浴室暖房にはいくつかの種類があり、単にストーブを置くのも一種の浴室暖房であると言えます。しかしこれは安全性の面から見てあまり良い方法とは言えず、専用の浴室暖房設備を取り付ける方が望ましいとされています。 現在、主流となっているのは壁や天井に設置して温風を出す方式の浴室暖房です。このタイプだと日中は浴室を洗濯物の乾燥室としても使えますし、またビルトイン式に比べると工事費用も安くて済みます。