オール電化リフォーム

エコハウスを目指す

オール電化リフォームの特徴

リフォームの中にも様々な種類がありますが、その中でも最近注目されているのがオール電化リフォームです。 オール電化リフォームとは、今までお風呂をガスで沸かしたり、料理もガスでしていたものをすべて電気で行うというものです。 最近オール電化リフォームが流行っているため、オール電化リフォームに興味を持っている人も少なくはありません。オール電化にするためには、IHクッキングヒーターと電気給湯器に変更をする必要があります。 そもそもオール電化のメリットは何でしょうか。まず、IHクッキングヒーターを使ってお湯を沸かす場合ガスコンロと比較すると、約半分の電気代と半分の時間でお湯を沸かすことが可能になります。これにより電気代が大幅に節約できます。

デメリットについても知っておく

また、ガスコンロと違って夏場は部屋が暑くなりにくいのも大きな特徴と言えます。夏場にガスコンロを使うと部屋が暑くなるからとより強く冷房をきかせていた家庭も、IHクッキングヒーターにより部屋が暑くならないため、冷房をあまり使用しないでよいのです。それによって電気代を節約することができるのです。 これに対してどのようなデメリットがあるでしょうか。 その一つに、IHクッキングヒーターを使う場合、それに合わせた鍋しか使うことができず、今まで使っていた鍋は使えなくなる可能性が高くなります。また、オール電化にすることで、停電してしまうと何もすることができなくなるのです。さらに夜間の電気代は安い分、昼間は電気代が高く設定されているという問題もあります。