フローリングの復活

海が近くにある

作業にかかるお値段の動向についてご紹介したいと思います。

フローリングコーティングの全般的なお値段の動向としては、日本経済が現在好調で、賃金等も上げていこうと言う傾向があります。ですので、フローリングコーティングをハウスクリーニングや、リフォームなどの会社にお願いした場合は、その値段も若干ではありますが上昇していく傾向にあります。また自分で道具などを揃えてフローリングコーティングをする場合はそれほど今までとは特には値段の差等はなく作業をすることは可能だと思われます。フローリングコーティングをしてくれる業者というのはあまり数がなく、これから他の産業などが参入することもほとんどないので値段の変化と言うものがあまりないと言う特徴もあると言えるではないでしょうか。

その歴史についてご紹介したいと思います。

フローリングと聞くと非常に聞こえが良いのですが、日本人は本来、板張りの生活が非常に長かった民族です。畳と言うものは贅沢品でした。ですので昔からフローリングつまり板張りの生活をしていたのです。もちろん平安時代等はフローリングコーティング等はなく、たれたに水拭き等をしていましたが、板張りに使う素材に関してはまつやヒノキなど非常に高価なものを使っていることもあり、例えばその素材を生かすために、松脂など塗ったりして滑り止めをしていたこともありました。これがある種平安時代のフローリングコーティングと言えるのではないでしょうか。その後、戦後になると、西洋風の住宅などが非常に多く立つようになり、家の中にもフローリングと言うものが広まっていきました。その中で滑り止めあって傷がつかないようにコーティング作業するということが始まったのです。これは昭和40年代ごろから逆になったことです。